計量機器校正事業のご案内

一般社団法人日本計量振興協会 試験・校正センターの計量標準は、産業技術総合研究所等からの供給により、常に国家標準とのつながりを維持し、各界からの試験・校正依頼にお応えしています。計量法トレーサビリティ制度に基づく「力計」、「一軸試験機」、「ガラス製温度計」及び質量(分銅・おもり)のJCSSを取得し校正事業を行っています。
今後も、皆様のご要望にお応えできるようJCSS階層制度に順次対応して参ります。

(当試験・校正センターでは、お客様からのご意見・ご要望等をお伺いする窓口を開設しております。ご協力を、お願い致します)


●JCSS校正サービス

一般社団法人日本計量振興協会 試験・校正センターは、「力計」、「一軸試験機」(平成13年5月)、「ガラス製温度計」(平成17年11月)に続き、「質量(分銅・おもり)」(平成19年7月)のJCSS登録を受け、校正依頼のご要請にお応えするため、日々、努力しております。
当試験・校正センターは、国際MRA対応認定事業者です。

 

「当会認定証」



















●試験・校正センターの連絡先

東京都新宿区納戸町25-1 (郵便番号162-0837)
TEL:03-3269-3232(センター代表)  FAX:03-3269-4755
E-mail:
center@nikkeishin.or.jp
 


●校正事業 MENU −ご覧になりたい項目をクリックして下さい●
 
・質量 (MRA/JCSS0098) ・長さ
・力 (MRA/JCSS0098) ・温度 (MRA/JCSS0098)
・一軸試験機 (MRA/JCSS0098)  
・トルク  


■ 試験・校正センターの校正事業

消費税別

校 正 項 目

内 容

質 量
(分銅・おもり)

MRA
JCSS 0098

E2クラス相当の常用参照分銅を用いて1mgから20kgまでのF1クラス相当以下の分銅及びおもりの1mgから21kg未満の校正を行っています。ニュートン分銅の校正は、お任せください。

☆校正料金表別掲

各種はかり
1ton以下の各種はかりの校正も行います。

☆校正料金 4,000〜50,000円

 

 

 

力計

MRA
JCSS0098


力の計測は、鋼材の取引や構造物の安全性に関するばかりでなく、工業製品の品質の向上にも重要な関わりをもつため、力計の精度管理に大きな関心が寄せられています。当試験・校正センターでは、下記の特定二次標準器を設置して、環状ばね型力計・容積型力計・ロードセル及びその他力計の校正を行っております。

● 特定二次標準器 ●
1.3 MN 油圧式力基準機
2.300 kN こうかん式力基準機
3.50 kN こうかん式力基準機
4.5 kN こうかん式力基準機
5.2 kN 実荷重式力基準機

☆校正料金表別掲



 

   

一軸試験機

MRA
JCSS0098


建築材料分野における認定試験所の数が多い「コンクリートの圧縮強度試験」など多分野の試験所等で使用されている一軸試験機の不確かさ、つまりJCSS校正に関心が寄せられています。当試験・校正センターでは、トランスファ標準器及び校正従事者約100名を全国に配置して5MN 以下の引張・圧縮・曲げ試験機等の校正を全国展開しています。

※詳細はお問い合わせください。

☆校正料金 13,300〜67,100円
別途出張費加算

 

 

 

トルク


機械・機具類の組立等における締付トルクの管理は、航空宇宙産業、自動車産業では安全管理、品質保証の面からとくに重要視されています。当試験・校正センターでは、1500 N・m 以下の静的トルクについて校正を実施しています。

☆校正料金 2,300〜83,000円

 

   

長 さ


横動比較器、高感度電子測微器などの設備を用いて校正を行っています。

対象:
直尺・巻尺・ブロックゲージ・マイクロメーター・ダイヤルゲージ・ノギス等

☆校正料金 3,000〜20,000円

     

温 度

MRA
JCSS0098

−50℃〜350℃の範囲の各種温度計の校正を行っています。

対象:
ガラス製温度計(全没式 ・ 浸没線付
石油類試験用ガラス製温度計
薬局方ガラス製温度計

☆校正料金表別掲

     

その他


プッシュプルゲージ、テンションゲージ、家庭用特定計量器(ヘルスメータ・キッチンスケール)の試験・校正も行っています。また、校正結果の解釈、計量相談等もお受けしております。是非ご相談下さい。
 





当校正事業について、ご意見・ご要望をお寄せ下さい

当試験・校正センターでは、校正サービスを利用されたお客様から、その内容についてのご意見・ご要望等をお伺いし、
当会校正事業のより良いサービスに繋げてまいります。
なお、寄せられたご意見等には、必要に応じて文書により回答させていただきます。
ご協力を、お願いします。
※入力フォームから、もしくは用紙をダウンロードして(PDFファイル) FAXで送付ください。

入力フォームから

用紙をダウンロード (PDFファイル)


FAX送付先

  (一社)日本計量振興協会 試験・校正センター
  FAX : 03−3269−4755


ページの先頭へ戻る